目の疲れはなぜ起こるの?
目の疲れはいろいろな要因で起こりますが、
最も多いのは仕事でパソコンや細かい作業、
読書、ゲーム、 50代くらいからの
年齢的なものなどです。


近くの物を見るときは、目の中の毛様体筋が収縮し続けるため、目は疲れやすくなるのです。
長時間、パソコンや読書・テレビゲームなどを続けていると、眼球を動かす筋肉が緊張し、まばたきの回数が減り、目を潤している涙が蒸発して眼球の表面が乾燥しやすくなり、いわゆるドライアイの状態になります。
その結果、目に入った、ほこりやゴミなどを洗い流すことが出来なくなり眼球の表面が傷つきやすくなり、疲労感を感じる事が多くなります。
メガネやコンタクトの度数や形状が合っていないときも、目の疲れは出てきます。
左右の視力が極端に違う場合や、老眼などでも目が疲れやすくなります。
また、過労や睡眠不足、ストレスによって、身体が目を通して疲れを訴える場合もあります。
軽度の疲れ目ならば、休憩や睡眠で回復します。
しかし、眼精疲労にまでなってしまうと、少し目に負担をかけただけで、疲れやすい、二重に見える、ぼやける、かすんでくるなどの症状が出たりします。

目が疲れやすい、と感じたことはありませんか?
■ 50代?60代の方で最近、目がしょぼつく事が多い

■ 細かい作業をしている方

■ 読書の好きな方

■ 眼鏡やコンタクトを使用している方

■ピントを合わせるのに時間がかかる方


そして、目の疲れから眼精疲労へ
同義語で捉えられて混同されやすい疲れ目と眼精疲労。
しかし、「疲れ目」と「眼精疲労」は異なります。
この違いをしっかり認識しておくことが大切です。
「目の疲れ」といった症状は、VDT作業をする人やある年齢以上の人であれば、少なからず経験したことのあるものだと思います。
運動したり、身体に負担を与えると疲れるのと同じで、目も使い過ぎれば疲労するのは当然と言えるでしょう。
パソコンでの作業やTVゲームなどを長時間するときに「目が疲れやすい」「二重に見える」「ぼやけてくる」「かすんでくる」「見ていられなくなる」などの視機能の低下を自覚することがあります。
このような異和感や苦痛を総じて、眼精疲労といいます。

あなたは当てはまる項目がありますか? チェックしてみましょう
□ 1日3時間以上パソコンを使用する

□ ストレスは感じやすい体質だと思う

□ コンタクトの度数が合っていない気がする

□ すぐ目が乾いてしまう、目がしょぼしょぼする、
目の奥が痛い

□ 何かを見ようとして目を細めたり、
眉間にシワを寄せたりする

□ 肩こり・頭痛・吐き気・ドライアイなどの
いずれかがある

目の疲れをなくすために、今日から出来ることがあります
目の疲れは目の酷使だけでなく、生活リズムやストレスが影響してます。
すべてのことを改善するというのはなかなかできないものです。
よりよい「視生活」にするために、まずできることから始めてみてはいかがでしょうか?

■目の疲れの原因の一つであるコリをほぐすために超音波治療器を使う。
■目の運動をすることでピント調節できる筋肉を動かす。
■ストレスを溜めない生活を普段から心がける。

疲れ目改善方法1
目をギュッと閉じたり動かしたりする。

パソコンのモニターの前でしばらく集中して作業していたり、長時間本を読んでいたりして、集中して近くを見続けていると、目のピントを合わせている毛様体筋という筋肉に疲労が溜まったり、まばたきの回数も少なったりして、知らず知らずのうちに目が乾いて疲れたりすることがあります。

このような場合、数秒間、目をギュッと閉じたり、目を左右上下に動かして運動するだけでもずいぶん違うものです。

疲れ目改善方法2
遠くを見る。

集中して近くを見続けていた場合には、短い休憩挟み、ぼんやり遠くを眺めると、目も休まり、気分もリフレッシュされます。
外を見たりするだけでなく、少し身体を動かしてほぐしてみるのも効果的です。

<実践例>
3m以上離れた目標物を見つめて、3秒に1回の割合でマバタキを10回。
15cmほど離した親指のツメを見つめて3秒に1回の割合で少し強めにマバタキを5回。
これを繰り返します。

ご利用になったお客様から寄せられた声
■目の疲れが取れて、業務が向上した。
■夕方になっても目がしょぼつかない。
■肩こりが少なくなり調子がいい。
■新聞の文字がチラつかず安定して読める。
■パソコンのディスプレイを見ていても吐き気が
しなくなった。
■とてもよく眠れるようになった。
■ストレスが少なくなった。

目の疲れを感じている方は、お気軽にご相談ください
目の疲れで悩んでいる方に、この超音波治療器を紹介したいと思うようになり、 アイパワーメディカルの仕事をはじめました。

開業以来今日まで、大勢のお客様にお越しいただき、 今もときどき自分の体験談を話したりしています。
目の疲れで悩んでいる方、目の健康に関心のある方は、あきらめてしまう前に 私どもにご相談下さい。
健康な目を取り戻すため、健康な目を維持するため 一緒にがんばりましょう。

厚生労働省認可の医療機器販売・レンタル
アイパワーメディカル
所長
岩下 芳生